代表的フォントの特徴

具体的にどんなフォントかを見たい場合はこちらへ→〔和文〕 〔英文〕

 
名称
特徴
イメージ
和文書体 明朝体 横線の右や縦線の上にうろこ(セリフ)が付くとともに、画の横線が細く、縦線が細いのが特徴。
中国・明代に、印刷用文字として完成した書体。
・かしこまった・格調高い
角ゴシック体 線の太さが均一で、線の端が角ばっているのが特徴。
印刷用としては、明朝体とともに最も使用頻度が高い。
明朝体は地の文に、角ゴシックは見出しよく用いられる。
・力強い
・どっしり
・おちついた
丸ゴシック体 線の太さが均一で、線の端が丸いのが特徴。 ・やわらかい
・親しみ
楷書体 いわゆる筆文字、毛筆体。点画をくずしたのが行書・草書。但し、時代的には、行書・草書の方が先に出来た。 ・日本的
隷書
(れいしょ)
くずさない毛筆体としては、楷書に近いが、楷書にくらべると、デザイン的であり日本的なイメージも薄まる。
尚、漢字の書体は、篆書→隷書→草・行書→楷書→宋朝体→明朝体の順に発展してきた。
・風格のある
勘亭流 歌舞伎の看板用。客入りがよく客席に隙間がないようにと、肉太に線の隙間をつめて書く。江戸中村座の岡崎屋勘六(勘亭)が始めた。
因みに、相撲の番付に用いられるのは「相撲文字」。「寄席文字」等を合わせ、「江戸文字」と呼ばれる。
 
英文書体 Serif
(セリフ)
起筆部・終筆部に「うろこ」のついた文字。和文では一般に「明朝体」と呼ばれるが、欧文ではSerif(セリフ)と呼ばれる。 ・かしこまった・格調高い

San Serif
(サンセリフ)

「San」は、「no」の意味。「セリフがない」文字で、和文でいうなら
「ゴシック体」。因みに、「丸ゴシック」は和文ではよく見かけるが、欧文では稀。
・力強い
・どっしり
・おちついた
Script
(スクリプト)
筆記体。欧文のつづけ字。
種類が多く、同じスクリプトとはいえ、テイストは様々。
・cool
 (うまく使えば)
Gothic
(ゴシック)
「花文字/飾り文字」と呼ばれることも。
「ゴシック体」とは、元はこの字体を指していたが、アメリカでサンセリフのことを「ゴシック」と誤用されたのがそのまま日本に入ってきたとのこと。
・風格のある
・威厳のある
  デザイン文字 まる文字・POP体等。作品のモチーフ等に合うよう、様々なテイストのものが創り出されている。