ステッカー

〔カッティングステッカー〕

「ステッカー」というと、通常は下の【図1】のようなもので、四角・楕円・円等の形の紙やビニールフィルムに、文字・イラスト等がプリントされています。

でも、【図2】のように、車のボディやケイタイ・マグカップ等に、文字・イラストを直接書(描)いたような仕上がりにしたい場合は、どうすればよいでしょう。【図1】のようなステッカーだと、文字の周囲はステッカーの地の色・模様となってしまい、車のボディ・ケイタイ・マグカップ等の地は見えません。

〔図1〕プリントステッカー 〔図2〕 カッティングステッカー

【図2】のように、直接書(描)いたような仕上りにしたい場合は、 「カッティングステッカー」をご注文ください。

カッティングステッカーは【図3】のような外形をしています。断面を見ると【図4】、下から、離型紙(裏紙)→フィルム→アプリケーションシートの3層になっていて、フィルムが、文字・イラストの形にカットされています。

〔図3〕カッティングステッカー 〔図4〕 断面図

貼り方は(詳しくは、「ステッカーの貼り方」をご覧ください)、
@離型紙を剥がして、アプリケーションシートにフィルムを写し取り、
A貼付面にアプリケーションシートごとフィルムを貼った後、
Bアプリケーションシートを剥がします。

すると、文字・イラストの形にカットされたフィルムだけが貼付面に残りますので、直接書(描)いたようにスッキリした仕上がりになります。

カッティングステッカーは、色付きの大判フィルムをカットして作ります。フィルムには種類があり、屋外耐候性があり且つ接着力の強い「一般」の他、「再剥離」「反射」「蛍光」「蓄光」等があります。用途に応じてお選びください。

カッティングステッカーで利用可能な色については「カラーチャート」をご覧ください。

単色のほか、一枚のステッカーの中で色を使い分けることも可能ですが、グラデーションや写真の場合は、プリントステッカーになります。

〔プリントステッカー〕

図1のように、フィルム等にプリントしたステッカーをプリントステッカーと呼びます。

家庭用プリンタでも、市販のラベル用紙を使えばプリントステッカーは作製できますが、インクが強くなったとはいえ、屋内使用の場合であり、屋外での使用にはそう強くありません。又、大きさは、せいぜいA3サイズまで(通常はA4サイズ)です。

弊社プリントステッカーは、溶剤系インクで大判のフィルムにプリントして作製しますので、屋外でも問題なく使用いただけ、又、大きなものも作製可能です。色褪せも3年程度の耐候性があります。

プリントステッカー用のフィルムには種類があり、屋外耐候性があり且つ接着力の強い「一般」の他、「再剥離」「吸着」「反射」「シースルー」等があります。用途に応じてお選びください。

−縁(ふち)カット−

又、フィルムに印刷しただけだと、図1のように図柄の縁(ふち)にそってのカットはされていません。四角・三角等、直線の図形であればご自身でもカットできますが、楕円等の曲線となるときれいにカットするのは難しいものです。又、イラスト等、複雑な図形にカットするのは手間がかかります。このような場合は、縁カットをお申し付けください。イラストの形に、曲線も滑らかに、フィルムをカットしてお届けいたします(複雑さ等によってはお受けしかねる場合があります)。但し、離型紙(裏紙)を含めた全体の形は四画形又は三角形となります。

〔カッティングとプリントの比較〕

カッティングステッカーとプリントステッカーの比較を次表にまとめました。用途等により使い分けが必要です。お気軽にお問合せください。

 

カッティングステッカー

プリントステッカー
コスト

通常はカッティングの方が低コスト。
色数が多い場合や、数量が多くなると割高に。

通常はプリントの方が高コスト。
色数が多い場合や、数量が多くなると割安に。
利用可能な色数

「カラーチャート」をご参照ください。
金・銀や、パール・メタリック・ラメ・ステンレス調もあります。
又、一枚のステッカーの中で色を使い分けることも可能です。
「カラーチャート」以外の色もご提供は可能です。お気軽にご相談ください。

プリンタ性能によりますが、再現域内であれば略無段階。グラデーションも可能。
金銀等は、不可。
カラーマネジメント 色の管理はフィルムメーカーが行う。使用色のb控えておけば同色で作製可能。
フィルムの生産ロットが異なると微妙に色がずれることがありますが、まずわかりません。
同じプリンターで且つ同じ原色割合でプリントしても、温度・湿度等により若干色がずれる場合があります。
フィルムの種類 一般的な屋外用のほか、再剥離タイプや反射・蛍光・蓄光があります。 一般的な屋外用のほか、再剥離タイプや吸着・シースルーがあります。
作製可能サイズ 〔MAX〕
フィルムの巾を超えると分割することになり、継ぎ目がでますが、作製は可能。
フィルムの巾は、フィルムの種類によります(一般で1m前後)。
〔MIN〕
漢字の場合、1文字2cm角以下は作製困難。
(「カス取り」という作業のため)
〔MAX〕
フィルムの巾を超えると分割することになり、継ぎ目がでますが、作製は可能。
フィルムの巾は、フィルムの種類によります(一般で1.3m前後)。
〔MIN〕
プリンタの解像度は1440dpiまで可能ですので一般的な文書の文字も大抵は鮮明に仕上がります。但し、画像の解像度によります。
縁カットする場合はカッティングと同様2cm角程度までです。

【注意事項】

カッティングステッカー・プリントステッカーについての一般的な注意事項です。個別商品の注意事項についてはこちらをご覧ください。

−貼付け素材及び環境条件について−

1.下記の用途では問題が発生する場合がありますので、使用を避けてください。

2.下記素材への貼り付けについては、経年変化により剥がれる虞があります。

−貼付け作業適正温度−

1.貼り付け作業の適温は、10℃〜30℃です。

2.冬期において、10℃以下の場合は、接着力が低下します。ジェットヒーター・ドライヤー等で
  十分あたためることをお勧めします。(ウェット工法(水貼り)は避けてください。)

3.夏期において、30℃以上の場合、初期接着力が過度となり、作業しづらくなります。
  朝夕の気温の低いとき、又は、日陰などで作業してください。

−保管上の注意−

1.製品を良好な状態でご利用いただくため、商品到着後はなるべく早く施工ください。

2.保管する場合は、直射日光・高温多湿を避け、換気のよい冷暗所にて保管ください。

3.製品の上にものを長時間置かないでください。

4.丸めて保管する場合は、離型紙(裏紙)が内側になるように、緩やかに巻いてください。